援デリ

 それは学食での出来事でした。
1人で飯を食っていると、友人がやってきて冴えない顔をしていました。
「どうしたん?体調不良か」
「いや・・ひどい出会いを見つけちまってな」
「なんだよ、それ?」
「ネトナンしたんだよ、彼女と別れて全然セックスしてなかったからさ、セフレ作ろうと思って」
「それで結果の方は?」
「最悪、素人じゃなかった」
「どういう意味?」
「援デリっていう業者だったんだよ、デブスのオバンがやってきて、最悪セックスだった」
友人から聞かされた援デリ、自分の頭の中では知識がなかったため、判断がしかねました。
詳しく聞いてみたのですが、素人を装った悪質な風俗業者なのだそうです。
通常の風俗では相手にされないような、ゴミのような女がやってくる。
だいたいが、美味しい提案をしてきて、待ち合わせして無味乾燥なセックスをすることになるのだそうです。
そんな援デリに出くわしてしまい、意気消沈していたようでした。
「ネトナンするときは、美味しい条件には騙されるな」
こんな一言を言われてしまいました。

 つまり、援デリという悪質な業者を回避すれば、素人とセックスが可能になると言うことに繋がりますよね。
オナ友
確かに、自分もオナニーしかしていない生活を続けまくってしまっている昨今。
ネトナンしてうまくいくんじゃないか?という気持ちになってしまったのでした。

 友人から教えてもらった業者の特徴と、さらにネトナンの良い方法をネットで検索。
セフレ探しに乗り出してみました。
確かに、援デリからのメールって届くものですね。
初回だけ支払いの、2回目からタダマンなんて、確実に怪しい。
即アポは、本物の女の子はありえないということは、ネットの情報でキャッチしていましたから、これらはスルーしていきました。
結果、1カ月ほどやりとりした、同い年の女子大生と待ち合わせすることになりました。

 そりゃもう、テンション上がりました。
見た目良し、オッパイ大きい、セックスしたい女の子なのですから、カフェにも入らずそのままラブホテル。
ネットって、確かにセフレ探せる場所なんだなと実感しながら、ズボズボ挿れ続けてしまいました。
筆おろしサイト
初体験

ハッピーメールでセフレ探し

子供が好きで幼稚園の先生になりました。バスで子供を迎えに行くときは子供の親はすっぴん姿、下手したらパジャマ姿。ある家庭は夫婦で「行ってらっしゃい。」と、子供を送ったり色んな家庭がありますがその家庭を見ると私も子供が生まれたらあんな感じになりたいと思ってしまいます。
しかし、幼稚園の先生は女の職場。なかなか出会いがありません。合コンに参加してもいいなと思う人が現れなく出会い系にも手を伸ばしました。すると、男性を探しているとプロフの写メに見覚えのある男性が写っていました。よく見るとその男性は夫婦で子供をお見送りしている旦那さんだったからです。しかも、「ハッピーメールでセフレ探している人、友達、恋人など誰でもいいです。友達になりませんか。」と、プロフに記載されていました。ハッピーメールでセフレ探し、それが事実なら浮気になるのではと思いました。だけど驚きと、好奇心から旦那さんと連絡を取ってみたいと思いました。
相互オナニー
私は普段度が強いメガネをかけているため眼鏡を外すと私だと気づく人はいない。だから写メ付きプロフで旦那さんにメールを送りました。予想は的中して、旦那さんは私が幼稚園の先生だと気づかれることなくメールをくれました。旦那さんに色々質問をしてみると住まいは嘘はついていませんでしたが、独身という嘘はついていました。
旦那さんはメールで土日が仕事が入るから平日の夜の方が会いやすいなど、土日は家族サービスがあるからかなと思いました。そんな感じでメールしながらいつも通り幼稚園バスで子供の迎えると旦那さんが子供と奥さんと一緒に家の前で立っていました。複雑だけど、刺激のある生活に楽しいと思ってしまう私。旦那さんから会いたいと言われますが毎日会ってるよとは言えず、子供が卒園した時に会えたらなと思ってしまう私でした。
プチ援交
割り切り

34歳専業主婦の不倫体験

仕事に忙しい主人を支えようと専業主婦になって数年がたちました。
旦那との夜の生活は、ないわけではありません…でも、近頃少し物足りなくて困っていました。
そんな折、暇つぶしにインターネットをしていると、広告に「不倫サイト」という文字が…。
ああ、今はやりの不倫SNSってやつね。
こんなのでそううまく出会えるはずがないし、そもそも不倫なんて…と、見なかったことにしました。
しかしその日の夜、帰ってきてごはんもそこそこにさっさと寝てしまった主人の背中を見ていると、昼間見たあの「不倫サイト」の文字と、男女が交わる写真が妙に気になって…。
なんとなく同じサイトにアクセスし、もう一度広告を見てしまいました。

おそるおそるそのワクワクメールをクリックすると、思っていた出会い系サイトとはかけ離れた、明るくてかわいい作りのサイト。
会員登録してブログを書いてみたところ、すぐさまメッセージが届きました…。
「初めまして、僕も妻と最近うまくいってなくてさびしいです。」
「よかったら一度お会いしませんか?」
そんな内容の事が書かれており、写真も添付されていました。
案外悪くないルックスの彼だったので、二つ返事で了承。
ここまで来たら、もう後戻りできません。
指定された駅に向かうと、添付されていた写真と同じ顔の彼が待っていました。
遠巻きに見ていると、向こうから気づいてくれたので近づき、ご挨拶もそこそこにお茶することに。

彼は私のさびしい気持ちをうまくくみ取ってくれ、気づけば私自身も思っていた以上に自分の事を話しすぎてしまって…。
気づけば肩を抱かれ、優しくホテルに誘導されてしまいました。
脳内をぐるぐる駆け巡る不倫の文字をかき消すことができませんでしたが、そうよ、ここまで来たら後戻りはできないの。
そう開き直って彼にされるがまま、私が求めていたとおりの優しく激しく、愛情のあるセックスに没頭してしまいました。
事が終わった後に彼に抱きしめられている間、とっても幸せでした。

主人のことはもちろん愛しているし大切だけど、それとは別の欲望に振り回される時間も。悪くありません。
わくわくメールで知り合った彼とは今も月に1回、逢瀬を続けています。
彼に抱かれている間だけは私も「女」である喜びを噛みしめられています。

55歳独身男性公務員の同性愛体験

イククルという出会い系サイトでもう20人の同性愛と出会っています。
私は同性愛者ながらも、相手の好みに大変うるさいので、男性ならば誰でも良いというわけではなく、年齢や体型や職業にまで拘っているのです。
そのために、現実の発展場では中々タイプの男性が見つからないのでこうして出会い系サイトで同性愛者の男性を探すようになったのです。
出会い系サイトならば男性の性格や職業や身長や体重や、嗜好まで出会うまでにあらかじめ分かりますし、プロフィールにも色々記載されているので好みが細かい私でも相手を見つけることができました。

出会い系サイトにはあまり同性愛者は登録をしていないのではないか、と思われてしまいそうですが同性愛者はこの日本において大量に存在し、そのために勿論こうしてインターネットにも沢山隠れながらも存在しているのです。
この間は21歳の健康すぎる肉体を持つ大学生と出会い、その若くて新鮮な大学生と楽しいひと時を過ごしました。

見た目は普通の可愛い今時の大学生なのですが、同性愛に興味を持っており一度男性としてみたかったそうなのです。
まるでノンケのように初々しい男子大学生があまりにも可愛かったのでごはんをおごってあげておこづかいもさりげなくあげました。